〒511-0122 三重県桑名市多度町古野1474
【TEL】0594-48-4390【FAX】0594-48-5948
【営業時間】8:30~17:30【定休日】土曜、日曜、祝日

CATEGORY

×

CATEGORY

7,000円(税込)以上お買い上げで
送料無料
※沖縄・北海道除く

未成年への酒類の
販売は致しません

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  地酒「上げ馬」»  【地酒】上げ馬[純米大吟醸] 神の穂50 720ml

【地酒】上げ馬[純米大吟醸] 神の穂50 720ml

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
【上げ馬の酒造り】
「地酒 上げ馬」は、米は地元三重県産の山田錦・神の穂・三重の夢などを使用し、仕込水は裏山を流れる養老山系の自然水が湧き出る自家井戸水を使用して、無添加の純米酒のみを醸造しています。
創業嘉永参年より代々受け継がれてきた伝統の製法で、能登杜氏が少量ずつ手造りでお酒にしています。

  • 【地酒】上げ馬[純米大吟醸] 神の穂50 720ml

  • 型番・品番

    jundaigin720ep_kaminoho

  • 販売価格

    2,250円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 在庫を確認する

    9個

  • 20歳以上ですか?未成年の飲酒は法律で禁じられています

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 【商品説明】
    三重オリジナルの酒造好適米「神の穂」を50%まで磨いて、養老山系の自然水で仕込みました。
    程よくフルーティーな吟醸香、神の穂特有のスミレのような花の香りも混じる。嫌味のない香りなので、ぬる燗でも愉しめます。
    口当たりはとてもすっきりしていて、程よい米の旨みがゆっくり舌の上に広がり、神の穂特有のすっとした後切れ、飲み飽きしない仕上がりで、食中酒として最適です。
    香り・味ともに出過ぎるところがないため、幅広い料理との相性が良いですが、特に、新鮮な鯵や秋刀魚などの刺身との相性は抜群です!
    味わい・価格とも、絶対お勧めの一本!
    【商品詳細】
    ■容量:720ml ■アルコール分:15~16% ■原材料:米・米麹 ■原料米:神の穂100% ■精米歩合:50% ■酵母:協会901号 ■日本酒度:+5 ■酸度:1.7 ■アミノ酸:1.1

    【製造情報詳細】
    ■醸造年度:20BY ■仕込総米:600kg ■麹:手造り(無通風・箱麹) ■洗米:手洗い ■蒸米:甑 ■蒸米の放冷:自然放冷 ■もろみ日数:28日 ■粕歩合:35%

     

  • 上げ馬の基本
     

     
    養老の滝

     
    【養老山系の井戸水・・・】
    養老の滝で知られる岐阜県養老町は日本百名水の地として有名です。蔵のある三重県多度町は同じ養老山系の山をはさんで裏側に位置し、蔵に昔からある古井戸は、程よくミネラルが含まれた天然水を昔から出し続けています。
    【2007年新開発の酒米・・・神の穂】
    上げ馬[純米大吟醸] 神の穂50には、2007年に三重県で新たに純米酒向きに開発された「神の穂」という酒米を100%使います。
    「神の穂」は、耐倒伏性に優れる「越南165号」を母とし、中山間地向け酒造好適米「夢山水」を父として人工交配して育成されました。
    三重で開発され三重で育ったオリジナルの酒米(登録番号:第19693号)です。

    神の穂の稲穂
     



     
    「神の穂」純米大吟醸の特徴
    神の穂は、雑味の原因となるタンパク質が極めて少なく、酒造りに向いているお米ですが、反面、米質が硬く割れやすいため、精米・洗米、麹作りなどの原料処理が難しい「酒屋泣かせの米」です。
    米を締めすぎると、身薄で魅力が乏しい酒になってしまうので、強めの麹を作り、酒母での暖気入れを多めにして米をよく溶かし、「神の穂」の隠れた魅力を引き出しました。
    三重の米と水だけで造った「上げ馬」の純米酒をぜひ一度お試しください。

関連商品